ピルは通信販売で購入できるの?

ピル使用のデメリットは?

ピル使用時のデメリット

ピル使用時のデメリットを紹介しましょう。
・血栓症の確率が使用していない人の2~3倍になる。
・子宮がん、乳がんに影響がある
・費用が掛かる
副作用として軽いムカつき、頭痛、胸の張り、むくみ、人工的に生理前の状態にしているので不正出血や無月経の可能性もある。
以上を考えると、定期的な健診が必要とされます。
アフターピルの場合、医療機関により変わりますが、全額自己負担となる為、10,000~20,000円程度用意する必要があります。
ただし、犯罪被害者に関しては無料で診察をしてもらえることになっているのでご安心ください。
アフターピルに関しては接種可能時間が限られていて最低72時間以内でないと妊娠を防ぐことは不可能になります。
被害に合われた場合はより早い時間での診察、投与が必要となります。

通信販売でのメリットデメリット

通信販売でのメリットを紹介します。
・内緒で購入できる
・通院しなくても購入できる
・事前に備えておくことが重要
通信販売でのデメリットも紹介します。
・偽物が売られていることがある。
・医療機関とのつながりがないと不測の事態に陥った時に困る。
以上を踏まえると通信販売で購入する前には一度診察を受け、医師とのつながりを持っておいた上で知っておきたいことは次の通りです。
・価格だけで選ばない(商品発送が異常に早いものも怪しい)
・鑑定証が掲示されていることを確認する。
・日本語のきちんとしているものを選ぶ。
・信頼ある通販サイトを利用する。(創業が長く信頼感のある通販サイトを選ぶ)
・購入者の意見がしっかり反映された口コミのあるもの
このように独自のサービスを展開しているサイトを選ぶ必須のようです。
ポイントサービスや、クーポンの利用、支払方法で割引率が変わるなど購入者向けのサービスを考えてくれるサイトのようです。

TOPへ戻る